NewsPhotos
Worksinprogress
etc.

NEWS

“San-Kyuu” Artist talk at Youkobo

March 6th, 2009

I’ll be participating in an open talk with painters Kabata Yuuri and Tamaki Naoko at my studio this Monday the 9th. A “Thank You Art” event (ie, “San-Kyuu”, or 3/9 – more info here), we’ll be discussing the daily processes of making art and working in the studio. We’ll also be exhibiting works and there’ll be food and booze, so all are welcome from 17:30 onwards.

サンキューアート協賛特別公開座談会
作家も知りたい作家の事情
「制作場所はどんなところ?」
「仕事はどうしている?」
「いつ制作してる?」
現 代を舞台に活動を続ける作家のなかなか訊けない周辺事情。そんな気になる裏側事情を、遊工房に滞在・展示をする日本とアイルランドの作家達が互いに迫る、 公開座談会を開催します。作家も知らない互いの生活と制作の実情や如何に?各作家の小作品の集う小展示にもご期待ください。


参加作家: 椛田 有理
玉木 直子
デイビッド・フランクリン
日時: 
3月9日(月) 17:30〜
場所:遊工房アートスペース、スタジオ
A
参加無料座談会後は作家との歓談をお楽しみください。

Artist in residence at Youkobo Art Space

December 1st, 2008

I am currently artist in residence at Youkobo Art Space in Tokyo, I’ll be here until June 2009 …

ア イルランド・ダブリンで活躍している若手作家。人と現代社会の環境との関係に焦点を当てた創作活動をしています。彼の作品は、潜在意識と日常生活から退避 するような実体のない内部世界と、その二つの異なる世界がかすんだ状態になっていく現実についてをテーマにしています。

遊工房での6ヵ月の滞在・制作活動には、このテーマに取り組みながら、「廃墟」という現象を探検して行きます。その見捨てられた建物は、世界の最も人口過密な都市の不思議な視点を残しながら、東京の在住者が自分の都市にどう結び付いているのかを探究します。

The work of David Franklin, a young Irish artist, focuses on the relationship between people and the environments they exist in. His work is concerned with the subconscious and intangible inner world to which people retreat while seeking refuge from daily life, and how the reality of these two different worlds can become blurred. For his six month residency at Youkobo he will continue to work with these themes, while exploring the phenomena of “haikyo”, or ruins. These abandoned buildings offer an intriguing alternative view of one of the world’s most densely populated urban centres, and of how the inhabitants of Tokyo relate to their city.